インテリアの印象を決定づけるカーテンやいろんな家具

何気ないインテリア

カーテンの役割をしって上手に買い物

何気なくつけているカーテンですが、このカーテンの役割について考えてみます。太陽の光を遮る・部屋をオシャレに見せるというところが一般的な役割に挙げられます。 しかし、この他にもたくさんの役割が存在します。それは、遮音効果があったり、風通しを良くしてくれたり、室内の温度変化を抑えてくれたり、プライバシーを守るために外から中を見えづらくするなどです。生地の種類によっては防火性に優れたものもあります。これらの役割を考慮してカーテン選びをすることが大切です。 また、カーテンはその大きさによりお値段が変化します。小さいほど安く、大きくなるにつれて高くなる傾向にありますが、カーテンの役割を果たすためにも必要なサイズのカーテンを選ぶことが大切です。

意外に重要!カーテンの魅力

インテリアとして部屋の雰囲気を大きく左右するカーテン。最近は、既製品の種類も増え機能面でも様々なものが登場して、選択肢に迷うほどになっています。また、オーダーのカーテンは、部屋に合う世界に一つだけのオリジナル品として、その部屋のイメージをぐっと変えてしまうような存在感を醸し出すものもあります。 オーダー品のデメリットとしては、値段が少々高くなるところですが、それ以上の価値観をもたらしてくれるはずです。とくに近年は賃貸、分譲、一戸建てに限らず窓のサイズが多様化しています。既製のサイズ外のものも多くなっており、センチ単位で作れるオーダー品は便利といえます。 カーテンを選ぶ際に気を付けてほしいのが、遮光性や防音性などの機能面。遮光性が強いものでは、朝か夜かも分からなくなるほどのカーテンもあり一長一短です。冬場は窓からの断熱材としての役割も行っており、選ぶ際にはインテリアだけでなくその性能にも着目すべきです。